妻も悩ませる旦那の浮気の心理3選

旦那の浮気
妻が夫に対する悩み事の一つに旦那の浮気が挙げられます。

 

最近では旦那が浮気をする事が多くなってきていて離婚にまで発展してしまうケースも少なくありません。

 

浮気をする旦那が一番悪いのですが、妻が旦那が浮気をする時に心理を理解する事によって防げる場合もあります。

 

そこで旦那が浮気をする時の心理について見ていく事にしましょう。

 

浮気しても妻に怒られないと感じてしまう心理

 

妻が優しく接していると夫婦円満になるので幸せな結婚生活を送る事が出来ますが、旦那が悪い事をした時でも優しく接してしまうと調子に乗る可能性があります。

 

旦那は悪い事をしても妻が怒らないと思ってしまい次第に刺激を求めるようになってしまいます。

 

それで職場やプライベートなどで他の女性と知り合ったりすると浮気をしてしまう事も少なくありません。

 

旦那が浮気をする時は妻にバレナイヨウニシマスガ、バレても怒られないという心理が働くので誤れば大丈夫だと思ってしまいます。

 

旦那が調子に乗らないためにも悪い事をした時は厳しく接する事も大切になってきます。

 

妻にうるさく言われるので癒されたいと感じてしまう心理

 

旦那が悪い事をした時は厳しく接する事も大切になってきますが、厳しく接し過ぎてしまうと今度は旦那が疲れてきてしまいます。

 

それで旦那の居心地が悪くなって次第にストレスが溜まってきてしまいます。

 

飲みに行ったりしてストレスを発散する人もいますが、中には浮気をして他の女性に癒してもらいながらストレスを発散する人もいます。

 

夫婦生活の中で厳しく接した後はその後フォローをするようにして旦那な居心地を悪くしないようにする事も大切になってきます。

 

妻と夜の営みが少なくなっていて欲求不満と感じてしまう心理

 

夫婦生活が始まった時は夜の営みも頻繁にするものですが、時間が経過していくと次第に少なくなってきてしまう事もあります。

 

夜の営みが少なくなってしまうと旦那が欲求不満になってしまい他の女性でもいいという心理が働いてしまいます。

 

それで他の女性と知り合うきっかけがあった時に浮気をしてしまう事もよくあります。旦那を欲求不満にさせないためにも夜の営みはしっかりするようにしましょう。

 

このように旦那が浮気をする心理はいろいろなケースがあるので妻はしっかり頭に入れておくといいでしょう。

 

妻が旦那が浮気をする心理をしっかり把握しておく事で日常生活の中で注意していけば旦那が浮気をする事もなくなっていくでしょう。

 

気をつけて!奥さんが妊娠中に陥りやすい旦那の浮気

 

芸能界のゴシップでもよくある話しですが、妻の妊娠中に旦那が浮気をするといいった話しはよく耳にします。

 

妻の方は、赤ちゃんができてこれからという大事な時期に旦那の浮気が発覚することは精神的ダメージが大きいものです。

 

妻の妊娠中に旦那が浮気をしてしまう理由はどのようなものでしょうか。

 

妻が里帰りなどで長期不在

 

妻が里帰り出産をする場合には長期で家を空けるにより、旦那が解放感を感じてバレないだろうと浮気をしてしまう危険が大きくなります。かといって、出産前後に近くに手伝ってくれる人がいてない場合には、里帰りをするしか方法はありません。

 

自分の旦那は浮気なんてしないと安心せずに注意をしておく必要があります。

 

里帰りする前には、浮気は決して許さないと旦那に伝えておき、毎晩、確認の連絡を取るようにしましょう。

 

毎晩旦那と連絡を取るときには、旦那には決して浮気の確認をしていると思わせないようにする配慮が必要です。

 

常に怪しまれていると感じると、旦那も窮屈に感じてしまうでしょう。旦那がいなくて寂しいから毎晩電話をしているのだと、旦那には伝えましょう。

 

妊娠するとセックスレスになりやすい

 

女性は妊娠するとつわりや体調の悪化、体の重さから旦那からの要求にセックスを拒むことがあります。

 

また、女性は身ごもると母親としての意識が強くなるために、今までのように旦那にあまり関心がなくなったり、旦那とのスキンシップを欲しがらなくなったりします。

 

女性としては当然の本能なのですが、男性は女性程の母性本能を持ち合わせていません。急に妻から冷たくされると、その寂しい気持ちを他の女性で埋めようとする危険が出てきます。

 

妻はただでさえ妊娠して情緒不安定な時期なのですが、旦那が浮気をしないように普段からコミュニケーションを取っておく必要があります。

 

夫に父親としての自覚を与える

 

女性は妊娠すると自然と母性本能が芽生えますが、男性はそうはいきません。

 

妊娠して大きくなったお腹はどんどん旦那に触ってもらいましょう。夫婦のスキンシップにもなりますし、胎動を感じることで、赤ちゃんがお腹に居るという実感を味わうことができるでしょう。
できれば、妊婦健診にもついて来てもらいましょう。

 

産婦人科で旦那にも赤ちゃんのエコーを見せることができますし、医師の話しを直接聞くことで責任感が芽生えてくるかもしれません。

 

両親学級に一緒に参加するのも良いでしょう。

 

旦那も妊娠、出産、子育てについて学ぶことができる良い機会です。また同じ年の子供を持つ夫婦と話し、知り合いになることができます。

 

父親としての自覚が芽生えると、浮気をする気持ちもわかなくなるはずです。

 

妊娠、出産というこれからの大切な時期に、妊娠中に旦那が浮気をしないように、日ごろから夫婦で強い絆を作っておきましょう。